PCリサイクル

家庭系使用済みパーソナルコンピュータの回収・リサイクル

家庭用パソコンのリサイクル

 2003年10月1日から「資源有効利用促進法」により、パソコンメーカー等による家庭用廃パソコンの回収・リサイクルがスタートしました。
 この制度は資源の有効利用と循環型社会の形成に寄与するため、家庭で使わなくなったパソコンは捨てるのではなく、新しい形で再資源化してふたたび活用しようとするものです。 このPCリサイクルはお持ちのパソコンのメーカーが受付窓口になりますので、メーカーへお申し込みください。

PCリサイクルマーク

 2003年10月に施行されたパソコンリサイクル法により、回収・リサイクル費用が販売価格に上乗せされた製品に表示されているマークで、消費者はパソコン・ディスプレイの廃棄時に規定の料金を負担してメーカーに送り返さなければなりませんが、このマークの貼ってある製品はすでに購入時に費用を支払済みなので、排出時には新たな費用の負担はありません。
 ※同法が対象としているのは、パソコン本体とディスプレイ、ノートパソコン、ディスプレイ一体型パソコンなどで、ワープロ専用機やプリンタ・スキャナなどの周辺機器は対象外です。

家庭用パソコンの処分方法

1.回収・リサイクルを申し込む
  • 対象製品のメーカー各社のホームページ等を参考に、回収受付窓口に申し込んでください。 連絡先については製品に同梱されるマニュアルやJEITA(電子情報技術産業協会)でご確認ください。
  • 対象製品のメーカーが事業撤退・倒産した場合、知人が組み立てたパソコン等については、 回収するメーカー等が存在しないことから、「一般社団法人 パソコン3R推進センター」 へ申し込んでください。ただし、有償となることがあります。
2.回収再資源化料金の支払い
  • PCリサイクルマークがついている対象製品の回収をメーカーに申し込んだ場合は、販売時に含まれていますので費用負担の必要はありません。
  • PCリサイクルマークがついていない対象製品の回収を申し込んだ場合は、メーカーから回収・再資源化料金の振り込み用紙が送付されますので、指定の方法でお支払いください。
  • 回収するメーカー等のない対象製品でパソコン3R推進センターに回収・リサイクルを申し込んだ場合も同様に再資源化料金をお支払いください。
  • 回収・再資源化料金は、各企業で異なる場合があります。
3.対象製品の梱包
  • 回収を申し込んだ先から、専用の輸送伝票が送られてきますので、対象製品を梱包して見やすい場所に貼ってください。
4.対象製品の排出
  • 回収を依頼する場合は、輸送伝票にかかれている郵便局に連絡して戸口集荷を依頼します。集荷費用は回収・再資源化料金に含まれています。
  • 指定回収場所(郵便局)に直接持ち込むこともできます。
このページの情報に関するお問い合わせ先
再生復興課環境保全係TEL:0243-24-8146FAX:0243-48-4851