「長引く外出自粛 元気にお過ごしいただくため」のご案内

日々の健康を維持するために、高齢者に気をつけていただきたいポイント

動かない時間を減らしましょう

 「動かない」(生活が不活発な)状態が続くことにより、心身の機能が低下して「動けなくなる」ことが懸念されます。
 また、転倒等を予防するためにも、日頃からの運動が大切です。
 ・人混みをさけて、一人や限られた人数で散歩する。
 ・家の中や庭いじりなどでできる運動を行う。(ラジオ体操、スクワット等)
 ・座っている時間を減らし、足踏みをするなど身体を動かす。

手軽にできる体操を紹介します
 動画を見ながら行える体操をご紹介します。自分の体調に合わせてやってみましょう!

食生活・口腔ケアをしっかり行いましょう

 低栄養を予防し、免疫力を低下させないために、しっかりと栄養をとることやお口の健康を保つことが大切です。
 ・3食欠かさずバランスよく食べて、規則正しい生活を心がける。
 ・毎食後、寝る前の歯磨きをする。義歯の清掃を大切です。
 ・しっかり噛んで食べる、鼻歌を歌う、早口言葉を言うなど、お口周りの筋肉を保つ工夫をする。
 

外出しにくい今の状況こそ、人との支え合いが大切です

 孤立を防ぎ、心身の健康を保つために、人との交流や助け合いが大切です。
 ・家族や友人と電話で話す。
 ・買い物や病院への移動などで困ったときに、助けを呼べる相手を考えておく。
 
このページの情報に関するお問い合わせ先
健康福祉課健康長寿推進係TEL:0243-48-3130FAX:0243-68-2789