固定資産課税台帳の縦覧について(4月1日から5月31日まで)

くらしの情報

固定資産課税台帳の「縦覧」ができます

固定資産課税台帳の「縦覧」とは

納税者が自分の所有している土地や家屋の評価額を、他の土地や家屋の評価額と比較できる制度です。
これにより、自分の土地や家屋が適正に評価されているかを判断していただけます。

縦覧とは見るという意味ですので、コピーを取ったり、写真を撮影することはできません。

縦覧の対象とならないもの
1.課税標準額が免税点未満の方(固定資産税が課税されない方)の縦覧
2.縦覧の対象が「償却資産」の場合

縦覧をすることができる方

固定資産税の納税者、同居の親族、相続人、納税管理人、成年後見人等

縦覧できる場所

大玉村役場 税務課

縦覧期間や時間など

4月1日から5月31日まで(土日、祝祭日を除く)
午前8時30分から午後5時まで

縦覧帳簿記載事項

土地価格等縦覧帳簿:所在、地番、地目、地積、価格
家屋価格等縦覧帳簿:所在、家屋番号、種類、構造、床面積、価格

持参していただくもの

1.納税者本人または同居の親族、相続人、成年後見人、納税管理人の場合
・来庁される方の免許証(運転免許証などの写真付きのもの)など、本人が確認できるもの
・相続人の場合は、上記の本人確認ができるもの、被相続人が亡くなったことがわかる書類、
  相続関係が確認できる戸籍謄本等
・成年後見人の場合は、後見登記簿の写しまたは家庭裁判所発行の後見人選任通知等

2.納税者の代理人の場合
・来庁される代理人の免許証(運転免許証などの写真付きのもの)など、本人が確認できる
 もの、納税者が署名、捺印している委任状または同意書

手数料

無料
このページの情報に関するお問い合わせ先
税務課評価係TEL:0243-24-8094FAX:0243-48-3137