令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金のご案内

くらしの情報

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた子育て世帯の生活を支援する取組の一つとして、子ども1人あたり10万円を子育て令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金 として支給します。支給にあたっては、原則申請が不要なプッシュ型での支給を行いますが、一部申請が必要になる方がいます。必ず下記内容についてご確認ください。

 

対象児童

次に記載する児童が対象になります。

1. 0歳から15歳
 令和3年9月分の児童手当支給対象となる児童

2. 16歳から18歳
 令和3年9月30日時点で高校生等(平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれ)の児童
 ※保護者の所得が児童手当の支給対象となる金額と同等未満の場合

3. 新生児
 令和3年10月以降令和4年3月31日までに生まれた児童手当の支給対象児童

※児童手当の本則給付受給者のみ該当。
※児童手当の本則給付が支給されているのは、生計中心者の令和3年度(令和2年分)所得が、所得制限額限度額以内の方です。特例給付に該当している方は対象外です。詳しくは健康福祉課社会福祉係までお問い合わせください。
※高校生等が婚姻をしている場合は対象外です。
※児童手当受給者で、現況届未提出により手当が差し止めになっている場合は給付金は支出来ません。

支給対象者

対象児童の保護者のうち、生計を維持する程度の高い方に支給されます。
(児童手当(本則給付)受給者もしくはそれに準ずる者)

給付額

対象児童1人につき10万円
(先行給付分5万円とクーポン相当分5万円を一括で給付いたします)

支給方法

申請が不要な方(中学生以下で保護者が公務員以外)
対象となる方へ、令和3年12月24日(金曜日)に給付をいたしました。
 
申請が必要な方(高校生相当の年齢の児童を養育している方、公務員の方、令和3年10月以降に出生した児童を養育している方)
原則申請が必要です。対象児童がいる保護者あてに、令和3年12月24日付で案内を発送いたしました。
申請受付後に審査を行ったうえで、支給を行います。
なお、保護者(主の生計維持者)が村外にお住まいで、お子さんは本村へ居住(別居)している場合は、保護者の居住する市町村へお問い合わせください。
また、保護者(主の生計維持者)が本村にお住まいで、お子さんが村外に居住(別居)している場合であって、案内の通知が届かない方は、お手数ですが下記担当係までお問い合わせください。
 
DV被害により子どもとともに避難されている方へ
令和3年9月分の児童手当の支給を配偶者(DV加害者)が受けている場合についても、配偶者への支給がされていなければ、本給付金の支給を受けることができる場合がありますので、なるべく早くご相談ください。

住民票を動かす必要はなく、配偶者のいる市町村に連絡する必要もありません。DV被害により避難されている方へ支給する場合、配偶者の方は支給を受けられません。
このページの情報に関するお問い合わせ先
健康福祉課社会福祉係TEL:0243-24-8115FAX:0243-48-3137