キヌア試験栽培

2017年8月17日(木) 追加播種の発芽率は10%程度

10数日連続の雨で、発芽したキヌアは流され、畝を作り播種したものの発芽率は予想をはるかに下回りました。春播きしたキヌアは、赤みが濃くなりましたが、長雨で首部の重みに耐えきれず、一部がかろうじて雑草に支えられている状況です。

2017年8月3日(木) 雨に耐えられなかったキヌア

夏播きのキヌアは、順調に成長しつつありましたが、7月下旬に続いた雨でほとんど流されてしまいました。一部は耐えて根を張っています。そこで、新たに畝を作り播種しました。

2017年7月26日(水) 順調な発芽と成長

局地的な強い雨は避けたのか、流されることなく、予想以上の発芽を確認しました。夏播きは2cm程度に伸び、昨年収穫した種も高確率で発芽しました。また、春播きは土地の高低差で伸びに差があるものの、倒れることなく成長しています。

2017年7月20日(木) 夏播きの発芽を確認

18日未明に強い雨が降り、畑の状況が心配されましたが、無事に発芽していました。播種後4日目には発芽したと思われます。
春播きのキヌアは順調に生育し、1mを超えたものも見受けられ、色付きも確認しました。

2017年7月15日(土) 夏の播種作業を実施

30℃を超える炎天下の中、安達東高の菅野先生と生徒3名の協力を得て、夏播きを実施しました。今回は約5アールの面積に、昨年収穫したキヌア約5kgを播きました。

2017年7月6日(木) 50cmに成長したものもあります

梅雨の晴れ間に畑へ行くと、2週間足らずの間に雑草の群れが・・・灼熱の太陽が顔を出す前に除草作業を計画します。キヌアの実の形も見えるようになりました。

2017年6月20日(火) 約20cmに成長

根の張りが弱い植物なので、梅雨入り前の更なる成長に期待です。

2017年6月5日(月) 発育状況を確認

筋播き、ばら播き共に、約10cmになりました。気温変動の激しさに耐え、順調に成長しています。

2017年5月22日(月) 畑全体に発芽を確認

30℃以上の日が3日続きましたが、筋播きもばら播きも2cm程度成長。

2017年5月17日(水) 発芽確認

播種後、2日間連続で雨が降りましたが、播種から5日目に発芽を確認しました。

2017年5月12日(金) 播種作業を行いました

 試験栽培2年目となる今年は、夏播きを計画していますが、約2アールに春播きを行いました。今年度の生育状況を見守りながら、研究を続けていきます。
【春の播種作業】
このページの情報に関するお問い合わせ先
政策推進課広報係TEL:0243-24-8098FAX:0243-48-3137