所得税・住民税の平成30年分確定申告について

申告が必要な方は?

次に該当する方は確定申告が必要となります
(平成30年1月1日から12月31日までの間に所得があった方)


〇農業、営業、各種事業などの個人事業主
〇サラリーマンなどの給与所得者で年末調整を行わなった方
〇給与所得者で年末調整をしたものの、それ以外の所得があった方
〇給与所得者で、年収2,000万円以上の方
〇土地や家屋などの不動産、機械等の動産、株式などを売った方
〇不動産の貸付け等による収入があった方
〇その他、何らかの所得があった方

※給与所得者で所得税が源泉徴収(天引き)されている方で、以下の要件に該当する方
 1.昨年中に住宅を取得した方
 2.住宅を取得する際に、金融機関等から資金を借り入れた方
 この要件が当てはまるときは、還付申告をすることにより納めた所得税が戻る場合があります
 詳しくは二本松税務署(代表電話0243-22-1192)までお問い合わせください

申告期間と会場について

申告できる期間(会場により異なります)

〇大玉村役場・分庁舎
  平成31年2月12日から平成31年3月15日まで(土日祝祭日を除く)
  午前9時から午後4時まで

〇二本松市市民交流センター(二本松駅前)
  平成31年2月18日から平成31年3月15日まで(土日祝祭日を除く)
  午前9時30分から午後4時まで

住宅を取得したことによる還付申告は二本松市市民交流センターでの申告となります

株式譲渡などの場合で、複雑なケースは二本松市市民交流センターでの申告をお願いする場合があります

申告の際に準備するもの

〇個人番号カード(マイナンバー) ※顔写真付きのカードです
 上記ががない場合は、「個人番号通知カード」及び「運転免許証」などの顔写真付きの身分証明ができるもの
〇前年の収支がわかる書類(収支記録簿などの帳簿、領収書など)
〇生命保険料などの支払証明書
〇医療費が多額の場合は医療費明細書
  ※控除が該当する場合がありますので、お気軽にお問い合わせください
〇所得税が納付になる場合:認印、通帳、通帳印 ※通帳と通帳印は口座振替で使用
〇所得税が還付になる場合:認印

帳簿や領収書は金額をまとめてきてください
このページの情報に関するお問い合わせ先
税務課賦課係TEL:0243-24-8093FAX:0243-48-3137