村の花・鳥・木

【村の花】 桜

 バラ科の落葉喬木、古来、花王と称せられ、国の「花」でもあります。

 本村には、昭和11年に、文部省指定の天然記念物、馬場桜に代表され、村内主要施設にも、村民に親しまれている数多くの由緒ある桜があります。

【村の木】 松

 アカマツ、ゴヨウマツ、クロマツ等の総称で常緑の喬木です。

 大玉村を代表する安達太良山附近一帯には、ゴヨウマツが生育し、民間林その他山林には、杉とともに、アカマツが多く植されています。また、庭木としても親しまれ、その雄大さと尊さは、限りなく発展し続ける本村を象徴しています。

【村の鳥】 キジ

 日本特産で、国の「鳥」としても親しまれています。

 本村においても数多く生息し、特に、県民の森の野鳥の森及び鳥獣保護センター等が中心地となり、その保護に努めています。

 貴品高く、輝かしい明日の村を象徴しています。

キジ

このページの情報に関するお問い合わせ先
総務課総務係TEL:0243-24-8134FAX:0243-48-3137