天王下八坂神社の三十六歌仙絵馬

小野小町「わびぬれば身をうき草の根を絶えて誘ふ水あらばいなんとぞ思ふ」

大玉村 有形文化財
所在地:大玉村玉井字天王下
指定月日:平成26年12月22日
 
 大玉村玉井字天王下の八坂神社は、古く牛頭天王といったが明治になって八坂神社と改称した。 牛頭天王は祇園精舎の守護神で、疫病を防ぐ神としての信仰がある。(『大玉村史』より)
 境内には老松が繁り整えられた参道は、地元の信仰心の深さが窺える。戦時中には遠くから千日詣をする人も多かったという。
 「三十六歌仙」絵馬は、杉板に描き、額縁をつけ、飾り金具を施し立派に仕上げてある。画家は文岳で大原文林の門下であるといわれ、また、詠歌の書は糠澤直之允である。 糠澤は本宮出身で幕末に若くして仙台の薬問屋に奉公し、仙台藩の医官で江戸時代後期の狂歌界の巨人といわれた千柳亭綾彦に師事し、国学と和歌を学び、文久2年(1862)本宮に帰郷し、薬種商を営んだ。 学者としても名高く、二本松藩の安倍井磐根と親交があった。
 絵馬には奉納年の銘はないが、明治中期とみられる。なお、「奉納三十六歌撰寄進連名記」の額1点を伴い発願主は菅野小十郎ほか8名、さらに42名の名前が記されている。
 絵馬は彩色がよく残り保存状態もよく、村の信仰と文化を知るうえで貴重な史料である。

所在地

福島県安達郡大玉村玉井字天王下

八坂神社について

八坂神社については、下記のページもご覧ください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
教育委員会生涯学習課TEL:0243-48-3139FAX:0243-48-3493