相応寺

 平安時代のはじめ、奈良興福寺の徳一大師が開いたと伝えられる真言宗の寺院。所蔵の薬師三尊像の中でも、大きな蓮華台に乗る本尊薬師如来像は、中国宗時代の影響と、明様式の混在した大振りな大陸的仏像である。
 大同2年(807年)徳一大師は霊夢のお告げによって安達太良山へ登り、岩上で薬師如来の尊像を見た。この像は空海が中国に渡って仏法を求めた後に彫造し「日本の有縁の地に安座し給え」と念じ虚空に投げたものである。
 あるとき、猟師が猪を山中に追い詰めてきた。手負いになった猪は、倒れて谷の温泉のなかに落ちてしまった。すると奇なるかな、しばらくして猪は息を吹き返し、傷も癒えて立ち上がり、猟師を喰い捨てて立ち去った。不思議に思った徳一大師が、半死の猟師を抱いて温泉に入れたところ忽(たちま)ちのうちに傷が治った。よくみれば、その温泉は薬師如来の肌を通して湧き出ていたという。この像を眉岳(前ヶ岳)に運び、堂宇を建てて如来を安置し、安達太良山相応寺と号した。(木村完三『安達太良山』より)
 眉岳にあること650年、その後度重なる火災に遭い、宝暦4年(1452年)玉井亀山に再建され、修験道当山派の拠点となった。ここにあること100年あまりの後、永禄3年(1560年)現在の南町に移された。本堂の左に建つ薬師堂内に安置されている薬師如来は、亀山の元相応寺から移った岳山湯前薬師といわれる。薬師如来の左右には脇仏の日光・月光菩薩が立ち、両側に十二神將が配されている。
相応寺玉井八景之歌(相応寺伝)
  1. うもれて花や散るらん春霞 安達太良山の入相の鐘
  2. 夜の田を窓打つ風の音つれて 織井の森の梢にぞしる
  3. 嵐吹くいずこと問わん皆人の あうさきるさに山口による
  4. 見渡の夕日に照る村人の しず心なくかえる越内
  5. 名倉山峰の白雲渡りきて 舘田になびき落るかりかも
  6. 外ならぬ明石も須磨もこれぞ澄める 平井の宿る月かげ
  7. 立ち別れいつ逢隅の渡し舟 乗りおくれじといそぐ旅人
  8. ながむれば麓も嶽の小高み 深くぞ積る雪の夕ぐれ

薬師寺

薬師寺
昭和17年戦争により梵鐘・半鐘を供出した。平成9年再建された梵鐘には安達太良山と相応寺の歌が刻まれている。
「うつもれて花や散るらん春霞 安達太良山の入相の鐘」
相応寺の指定文化財の紹介ページもご覧ください。

所在地

福島県安達郡大玉村玉井字南町
このページの情報に関するお問い合わせ先
大玉村TEL:0243-48-3131FAX:0243-48-3137