【特選】 あいさつの大切さ

大山小学校4年 菊地 彩菜
 
 私は、二学期のめあてに「会った人には、自分から先にあいさつをする。」というめあてを立てました。最近の私は、ずい分あいさつができるようになったことを感じています。
 しかし、一年生のころ私は、今のようにはできませんでした。自分から声を出すのが少しはずかしいなあという気持ちがあったからです。そのころからくらべると、今は自然と声が出せるようになりました。
「あいさつは大切だ。」と言われるのはどうしてでしょうか。先生や両親からは「会った人にはきちんとあいさつをしましょう。」と言われます。
「あいさつというのは、中国の言葉で、『心を開いて歩み寄る。』という意味があるのよ。」とお母さんが教えてくれました。この言葉はお母さんが社会人になったとき、会社の先ぱいから教えてもらった言葉だそうです。社会人になって、周りは知らない人ばかりだったそうですが、自分から声を出してあいさつをすることによって周りの方たちとの心のきょりが少しずつちぢまっていくことを感じて先ぱいの言葉の意味が分かってきたということでした。
 私はお母さんの話を聞いて、あいさつは人と人との関係を近づける魔法の言葉だなあと思いました。そういえば、私も村の「冒険学び隊」に参加したとき、初めて会う仲間もいましたが、たがいに自己紹介とあいさつをしたことで、スムーズに活動できたことを思い出しました。
 朝、
「おはようございます。」
とあいさつをすると、地いきの方たちが、
「おはよう。」
と返してくれます。あいさつを返してくれる人たちは不思議とみんな笑顔です。人々を笑顔にするということからも、あいさつは魔法の言葉です。あいさつをしたわたし自身もとても気持ちがよくなります。
 今年からわたしは登校班の班長になりました。班長は班のリーダーで下級生の手本にならなければなりません。学校に来ると中に、横断歩道のないところを通ります。そこにはいつも、わたしたちの安全を見守ってくださる方がいます。晴れの日も雨の日もわたしたちを安全にわたしてくれます。
「おはようございます。」
 わたしが大きな声であいさつをすると、下級生もまねをして大きな声であいさつしてくれます。わたしがお母さんからあいさつの意味を教えてもらったように、今度はわたしがあいさつの大切さを下級生に伝えていきたいと思います。
 
このページの情報に関するお問い合わせ先
政策推進課情報広報係TEL:0243-24-8098FAX:0243-48-3137