【優秀賞】 戦後七十年

大玉中学校 2年 鈴木 敦哉

 日本は、世界で初めて原子爆弾が投下された国です。七十年前の八月六日に広島、八月九日に長崎に原爆が投下されました。テレビで、長崎の被爆した人達のドキュメンタリー番組を放送していました。爆心地から七百メートルのところに、長崎市立山里小学校がありました。原爆で破壊された町で、千五百人の児童のうち、奇跡的に三十七人が生き残りました。その子供達は、生々しい体験を「原子雲の下に生きて」という手記に綴りました。日本で最初の子供達による被爆体験記です。テレビの放送では、その手記の紹介と、被爆後七十年間の暮らしを振り返っての話をしてくれました。
 被爆当時四歳だった女性は、現在恵の丘長崎原爆ホームで暮らしています。女性は原爆で両親を失い、親戚の家へ預けられたそうです。しかし、「両親と一緒に死んでしまえばよかったのに」などと言われ、暴力を振るわれることもあったといいます。中学卒業後は、親戚の家を出て働きました。その後、体調の悪化により仕事ができなくなってしまい、今のホームにやってきました。女性は「原爆がなければ結婚できていたかもしれない。戦争よりも戦後の傷の方が大きかった。」と話していました。
 親戚の家に預けられたとき、終戦直後でどこの家も貧しかったので、親戚だとしても迷惑だったと思います。理不尽な理由で殴られて、逃げ出したいと思っても、どうすることもできなかったと思います。
 私は母に毎日のように叱られています。注意する声がだんだんときつくなりますが、自分がやるべきことをやらないためとわかっています。自分が家族に甘えていることを改めて感じました。
 七十五歳の男性は、原爆で足に大やけどをし、手の指は溶けて固まってしまいました。手の指を切り離して、使えるようになりました。足も手術し、治療をして歩けるようになりましたが、一年間学校を休んでしまいました。授業中に、何度もABCC(アメリカ政府が設立した原爆傷害調査委員会)に呼び出され、同級生から変な目で見られていると感じました。裸にされ、何枚も写真を撮られたそうです。心も深く傷ついたと話していました。
 歩けるようになってよかったのですが、足に大きなケロイドが残ってしまい、いやだったと思います。足を見られるのがいやなので、子供の時からずっと夏でも長ズボンと靴下を履いていたそうです。温泉に行っても、大浴場に入ることはなかったはずです。ずっと人の目を気にして、つらい日々だったと思います。
 四年前の東日本大震災では、福島県で原発事故が起きました。これまで日本では、原発による大規模な事故はなかったため、放射線についての知識がほとんどありませんでした。福島県には、四十年以上前から原発がありましたが、地元の人でもわからないことは多かったと思います。事故直後、県外に避難した人の中には、「放射線が移る」などと差別的なことを言われました。同じ国に住んでいて、とても残念だと思いました。また、放射線の検査をして安全な野菜を出荷しているのに、「福島の野菜は買わないほうがいい」と言われ、しばらくの間風評被害に苦しみました。私の心の中に、悲しい記憶として残っています。
 戦争で犠牲になった人がたくさんいます。終戦から七十年が経ち、日本は平和で豊かな国になりましたが、世界で唯一の戦争被爆国です。戦争や原爆を体験した人達は高齢になりました。被爆して生き残った人の中には、被爆者であることを隠して生活しなければならない人もいます。突然家族を失った悲しみは、一生消えないでしょう。子供の時のつらい体験を忘れることはなく、生きてきたと思います。ずっと心に傷をもって生きた人達がいることを、私達は忘れないようにしていくことが大切だと思います。
 
このページの情報に関するお問い合わせ先
政策推進課情報広報係TEL:0243-24-8098FAX:0243-48-3137