【佳作】いじめがなくなるように 

大玉中学校 2学年 福冨 菜桜 
 
 最近、いじめという言葉が新聞やテレビにたくさん出てくるようになりました。昔は、あまり聞きませんでした。しかし、最近、その言葉を聞く機会が、とても、増えたと思います。どうしていじめは起こってしまうのでしょうか。よく、本を読んでいると、「昔、いじめを受けていた。」という人物が登場したりします。その理由が、「名前が変」「障害をもっている」「見た目が変」などです。それに、見た目や名前だけでなく、「自分がすきな人が自分ではなく他の人がすき」「自分にはないものをもっている」「普通とは違う」「自分の思うように動かない」などです。自分とは違うからといって、いじめをしていいという理由には、なりません。人は違ってあたりまえですし、自分の思うようにはなりません。「名前が変」という理由は、その人の親が「こんなふうに育ってほしい」という願いをこめて付けてくれた名前です。「自分のすきな人が他の人をすき」という理由は、自分勝手だと思います。だれをすきになるかは、その人の自由だと思うからです。
 いじめが起こってしまうのは、とても、小さなことが原因だと思います。では、いじめがどうして、増え続けているのでしょうか。
 まず、一番の理由が、パソコンやけいたい電話のインターネットなどです。インターネットでかきこまれた言葉は、たくさんの人の目にとまります。たとえ、そのかきこまれた言葉を消したとしても、見た人のきおくに残ってしまいます。最近、「ネットいじめ」というのが、増えているそうです。ネットでは、顔も名前も分からないので、だれにいじめられたかも、分かりません。そのため、いじめたという自覚が、無いそうです。他にも、LINEを使ったいじめが増えています。無理矢理LINEのグループに入れて、その中で、いじめをするそうです。ネットいじめの、一番おそろしいところは、やはり、顔や名前などが分からないことだと思います。顔や名前が分からない分、「もしかして、この人かもしれない。」と疑ってしまい、人を信用することができなくなり、一人になってしまうのは、とてもおそろしいと思います。
 それでは、いじめを防ぐにはどうしたらよいでしょうか。
 一つ目は、相手の気持ちを、考えることです。自分では、悪気は全くない言葉でも、相手には、とてもひどいと聞こえてしまう言葉もあります。また、そのせいで、深く傷ついてしまうかもしれません。また、その言葉のせいで自殺してしまう人がいるかもしれません。だから、自分の気持ちを伝えるのだけではなく、相手の気持ちも、考えるべきだと思います。
 二つ目は、加害者のかかえる問題を解決することです。いじめの加害者は、多くの場合、心や家族に問題をかかえています。家族では、「子どもに無関心な家庭。」や「ぎゃくたい家庭。」「放任家庭」などがあるそうです。また、特性では、「自分に自信がない。」「自分がすきになれずに、コンプレックスをかかえている。」「小学校時代の被害者が、中学校では加害者に変わる。」などがあるそうです。そのため、加害者のかかえる問題を、解決することが、大切です。
 三つ目は、いじめは絶対にしてはいけないという意識をもつということです。いじめは犯罪ですから、たとえ、自分の悪口をいう人がいたとしても、その人を、いじめていいということにはなりません。被害者が加害者にいじめを仕返しても、それは、絶対にしてはいけないことです。
 いじめは絶対に許せないことです。人それぞれ違ってあたりまえですから、いじめの理由にはなりません。それに、普段、身近にあるインターネットまで、いじめに使われています。いじめは、今も増え続けています。自分が、被害者や加害者にならないためにも、相手の気持ちを考え、意識を持っていきたいです。また、もしそのいじめの現場を見てしまっても、次、自分がターゲットになるかもしれないという気持ちを一回おさえて、被害者のことだけをおもい自分から進んで助けにいきたいと思います。自分の親切心から生まれた行動は、いつか自分にも返ってくるといいます。だから、自ら勇気をもって自ら行動することがとても重要だと思います。そして、この世の中に最近増えている「いじめ」という言葉がなくなるように、私も勇気と親切心をもって行動していきます。
このページの情報に関するお問い合わせ先
政策推進課 情報広報係 TEL:0243-24-8098 FAX:0243-48-3137