【優秀賞】 障害者と人権について

大玉中学校3年 青木 夏美
 
 私はある日、ふとこんなことを思い出しました。「何故、障害者と健常者が違う人間だと思う人がいるのだろう」と。私のいとこには耳が聞こえない子がいます。もちろん会話は手話で行います。しばらく会っていませんが、私と同じ年齢です。彼女も受験生。私は一緒にがんばりたいと思いました。彼女は耳が聞こえないだけであとはみんなと同じです。だけどそれだけで差別しようとする人がいます。私はそれが不思議でたまりません。身近に障害者がいるから思うことです。私も小さい頃、彼女と普通に言葉で話したいなと何回もありました。でもそれはできない。手話は「ありがとう」しかできません。本当に彼女に申し訳ないと思っています。ある日、私は彼女と遊んでいました。普通に話した後、私は口では伝わらないから文字で伝えようと思いペンを持ったところ、彼女は紙にペンで返事を返してくれました。耳は聞こえないはずなのに・・・。すると彼女の母は「口の動きを見ているんだよ」と教えてくれました。彼女は彼女なりの努力をしているんだと感じました。
 この世の中には必死になって生きている人がいるのにそれを否定する人がいます。私はそういう人がいるなんて信じられません。だってこの世界で生きているのはみんな同じ人間だからです。この夏、オリンピックがありました。日本は41のメダルを手に入れて本当に感動しました。オリンピックの次はパラリンピックがあります。障害者が行う大会。私はオリンピックもすごいと思うけどパラリンピックの方がすごいのではないかと思います。毎回私はパラリンピックで日本人がメダルをとるたびにその気持ちを周りの人に話さずにはいられません。もし、私が障害者だったら積極的に行動せず大人しくしています。そんな考えをもつ私と変わって私の知る障害者の方は明るい人が多いです。それでも最初は明るかったとは限りません。そうとうの苦労をしたと思います。それを乗り越えてきたのだから努力すれば誰もが大きな壁は乗り越えられるのだなと思いました。どの努力知らずに、障害者を差別する人に私はいいたいです。「もし、貴方が障害者の立場になったらどうするの。すぐにやろうとしても挫折するというなら障害者を差別するな」と。
 今年の24時間テレビの中のドラマとして盲目のヨシノリ先生の物語を見ました。やっぱり大変なことだらけなんだと思いました。でも、大変なことを乗り越えれば、明るい未来が必ずくると感じました。私は小さなことでも良いから障害者の方々の力になりたいと思いました。でも、私が手を出したとしても逆に相手は困ってしまうんではないかと思いました。そしたら何ができるのだろうと考えました。私が考えたことはいくつかあります。1つは、気をつかうのではなく、みんなと同じように接することです。変に気を使うと障害者の人も気持ちはあまりよくないはずです。ならば、いっそのこと普通に接することです。そうすれば障害者も気持ちは良いと思います。2つ目は笑顔でいること。誰だって嫌という顔はあまり良い印象ではありません。もし、障害者で困っている人がいるなら笑顔で対処すべきです。面倒臭いという顔をしながら相手を助けるのと笑顔で助けるのとは全然気持ちは違います。だから、少しのことでも良いので障害者に明るい一歩を踏み出す勇気を分けあたえたいです。
 このことを書いていていとこの彼女に会ってまた話したいなと思いました。関係ある人も関係ない人も、障害者も同じ人間、ただ私たちとほんの少しちがうだけ。これを知ってもらいたいです。私はオリンピックと同様にパラリンピックに出る人たちを応援します。そして、障害者の人たちと普通に生活して笑い合ったり泣き合ったりしていきたいと思います。障害者にも生きる権利を持っているのです。どうか忘れないでください。この世の中にいる人たちは生きる権利をもっていることを。私はこのことが多くの人に伝わることを祈っています。
このページの情報に関するお問い合わせ先
政策推進課情報広報係TEL:0243-24-8098FAX:0243-48-3137