【佳作】 今、伝えたいこと

大玉中学校 2年 三上 乃愛
 「障害のある人」と聞くと、他の人とはどこか少しちがう、「特別な人」と思ってしまう人も少なくはないと思います。しかし、自分の周りの人たちを見ると意外に身近にいらっしゃいます。
 わたしは小学校低学年のころ、放課後は毎日預り保育に行っていました。「福祉センターさくら」というところです。そこは、両親が仕事などでいない子供が行く場所でした。その施設には、高齢者福祉センターや児童館、そして、障がい者訓練センターなどの事業が行われていました。なのでわたしは、障がい者の方を見かける機会が多くありました。その時わたしは、「障害」の意味もあまりわからず、障がい者の方への意識は「なんで、他の人とは違うんだろう」と思うくらいのものでした。当時さくらには、ダウン症の方が数人いました。わたしはその時、「この人たちはなんで、同じ顔をしているのだろう」と思い、保育の先生に聞いてみたのです。すると先生は「よく見てみて、顔は似ているけどみんな同じ顔じゃないんだよ。みんなと同じように一人一人特徴があって、みんな良い顔してるね。」とハッキリと覚えているわけではありませんが、そういったことを言われました。正直わたしは、その時、顔の違いや先生が言った特徴などがあまりわかりませんでした。先生は「病気」や「障害」といった言葉を言いませんでした。今なら、その理由がわかったような気がします。それは、人間みんな平等だということを伝えたかったからだと思います。障害を抱えている人などは関係なく、一人の人として他の人と同じように接してほしかったからだと思いました。
 「差別」が良くないことはもちろんですが、差別とは何なのでしょうか。辞書には、「差をつけて区別すること」とのっていました。しかし、本当にそれだけのことなのでしょうか。この作文を書くにあたって、「差別」について考えてみました。わたしは今まで、障害をもっている人に対して、差別をしないことはもちろん、普通に接しようと心がけていました。しかし、こういうふうに考えてしまうこと自体が差別なのではないかと、思うようになりました。その意識が相手を傷つけてしまうこともあるかもしれません。そう思うと、差別とは何か、自分の考えは正しいものなのかわからなくなってしまいます。難しいことですが、苦しいのは相手なのです。この世に誕生した瞬間からどの親から産まれたかで生きていく道が大きく別れてしまっています。人間皆平等とはいいますが、この世の中本当にそうだとは言いきれません。しかし、そんなことで、差別されてはいけないのです。差別はあってはならないものなのです。
 世界には、パラリンピックという大会があります。意味は、健常者の競う「オリンピック」に対し、「もう一つのオリンピック」という意味で、身体に障害のあるアスリートが、それぞれの条件の下で力を競い合う大会です。パラリンピックに出場している一人一人が一生懸命で、手に障害のある人は手以外の全身を、足に障害のある人は足以外の全身を使って競い合っています。わたしは、そんなハンディのある方たちが本気で戦っている姿を見ると、障害という二文字はもうここにはないような気がすると思いました。しかし、「パラリンピック」が健常者のオリンピックより知名度が低いのはなぜなのでしょうか。どちらのオリンピックも、同じくらい価値のあるものだと思います。「障害」の二文字を取って考えることは難しいことだと思うけど、全世界の人が、パラリンピックもオリンピックと同じように応援してほしいです。同じように感動してほしいです。障害を抱えて、それでもその限られた範囲で輝こうとしている人たちは本当にすごいと思います。二〇二〇年に東京でオリンピックとパラリンピックがあります。より多くの人にパラリンピックで頑張っている人の姿を見てもらいたいです。
 生きるということは、決して自分一人の力だけではできません。人がお互いに協力し合って懸命に今を生きていることを分かってほしいです。それは、障害があろうとなかろうと同じです。
 わたしは、障がい者の方の気持ちはわかりません。しかし、障害のつらさを知り、差別が少しでも減ってほしいという願いから、この作文を書きました。障害者は健康な人より少し不便なことやできないこともあるだろうけど、同じ人間にはかわらないのです。だから、一日一日を大切に、そして幸せに生きていってほしいと思いました。  
このページの情報に関するお問い合わせ先
大玉村TEL:0243-48-3131FAX:0243-48-3137