【優秀賞】 生存することについて

玉井小学校 6年 須藤 皓大
 人間には、みんな同じように生存する権利があります。ぼくは、その「生存」ということについて、三つのポイントから考えてみました。
 一つ目は、「戦争」です。昔から、国同士が、何回も爆弾を落としたり落とされたりして、そこに生存していた何千人、何万人という人達の命が失われてきました。前に起こったアメリカと日本の戦争の時にも、はげしい空襲や原子爆弾による攻撃によって、とてもたくさんの人々が亡くなりました。もっと昔の日本では、武士や大名が、自分の領地を増やそうとしたり、手柄を立てて偉くなろうとしたりして、戦いを起こしました。成功して力をつけた武士や大名もいるけれど、そのかげでは、命を落としている名もない人達がたくさんいます。最近だと、リビアで内戦が起き、小さな子どもや女の人がぎせいになっているとニュースで知りました。早く戦争をやめ、平和な世の中になってほしいと思います。
 二つ目は、「差別」です。アメリカ国内では、以前は、白人と黒人が厳しく差別されていて、そのために内戦も起きていました。キング牧師やオバマ大統領など、人種差別をなくそうと活やくした人がたくさんいたおかげで、人々の中に、「人間はみな平等」という考えが広まり、今のアメリカでは、そんなに大きな人種差別はありません。でも、いろいろなニュースを見たり、聞いたりすると、全く差別がなくなったわけではなく、理由のない不当な扱いを受けている人はまだまだいるようです。肌の色が違っていても、みんな同じ命をもっているのだから、差別をするのはおかしいことだと思います。
 三つ目は、「格差」です。日本はとても豊かで、必要のない物をどんどん捨てたりして無駄にしていますが、世界の中には、生存するために必要な食料がなく、飢え死にしてしまう人のいる国もあります。水道がなく、汚い水を飲んでいろいろな病気にかかってしまう人々や雨が降らずに、水すら飲めずにかわきに苦しむ人々がいます。汚い水でも、ないよりはましだから、飲んだり、作物を育てたりすることはできるからいいのではないかと思う人もいるでしょうが、それでいいのでしょうか。日本は、困っている国々に、いろいろな物資を支給しています。でも、それだけでは間に合わないくらい、国と国との格差が広がっています。だから、豊かな国は、もっと困っている国に関心を持って、資源を分け合えばいいのだと思います。そうすれば、国の格差が小さくなり、困っている国の人々の生存確率も上がると思います。 
 「生存」は、だれにでも保障されなければならない権利です。「生存」の権利が守られるよう、ぼくにできることから呼びかけていこうと思います。
このページの情報に関するお問い合わせ先
大玉村TEL:0243-48-3131FAX:0243-48-3137