【佳作】 かがやきを守ること

玉井小学校 6年 武田 大智
 なぜいじめが起きるのか、ぼくはいつも不思議に思っています。
 だれかをいじめても、何も良いことはありません。しかし、いじめられた人には深いきずが残ってしまいます。きっと、いじめは悪いことだとだれもが分かっているはずです。しかし、いじめに関するニュースがなくなることはありません。 
 いじめられた人は、自分に自信がなくなっていくと思います。いじめられた人は、いつも周りを気にして、自分のしたいことができなくなってしまうと思います。いじめは、もともとみんながもっている大切な人権をうばってしまうと思います。ひどいときにはたった一つしかない大切な命までもうばってしまいます。
 ぼくは以前、いじめを受けたことがあります。ぼくはその時、とてもいやな気持ちになりました。学校に行きたくないこともありました。しかし、ぼくを助けてくれる友だちがいました。ぼくは、友だちのおかげで、それを乗りこえることができました。 
 一方、以前、ぼくはいじめをする側に加わってしまったことがあります。もちろん、悪口を言ったり、手をだしたりするようなことはしませんでした。しかし、苦しんでいる友だちを見て笑ってしまいました。 
 ぼくは、その時の自分の行動をとても後かいしています。なぜ、いじめを受けている人を助けてあげることができなかったのか。なぜ、いじめている人をとめることができなかったのか。 
 ぼくはその場のふん囲気に流されて、直接でなくても、いじめに加わってしまいました。ぼくは、後から、最低なことをしてしまったと気付きました。 
 ぼくは、まだ、つらい思いをした友だちにあやまることができていません。少し時間が経ってからあやまろうと思ったのですが、ゆるしてくれないのではないかと思うと、あやまることができず、どんどん時間が過ぎてしまいました。 
 友だちはぼくといつも仲良く遊んでくれます。もしかしたら、ぼくが笑っていたことに気付いていないのかもしれません。ぼくは、友だちをいつまでも大切にしていきたいと思います。そして、いつか必ずあやまって、もっともっと仲良しになりたいです。
 ぼくはこれから、おたがいに助け合うことを大切にしていきたいです。おたがいに助け合うことで、信らいする気持ちが深まれば、よりいっそう仲良しになれると思うからです。 
 人はみんなかがやいています。だれかをからかったり、悪口を言ったりするということは、そのかがやきをばかにしていることになると思います。
 おたがいがおたがいのかがやきを大事にできたら良いと思います。
このページの情報に関するお問い合わせ先
大玉村TEL:0243-48-3131FAX:0243-48-3137