【佳作】 おいしい福島の野菜を食べる

大玉中学校 3年 佐藤 碧威
 二〇十一年三月十一日の忘れもしないあの日、ぼくは小学五年生だった。今では、少しずつ当時の記憶はうすれ、地震にも慣れてきてしまっている毎日だ。そして、今年ぼくは中学三年生になった。まだまだ先だとのんきに思っていたのに、気が付けば、進路に悩む受験生になってしまった。部活動を引退して、テレビを見る機会が増えたが、最近、有名な人気芸能人が出ている福島の野菜についてのテレビコマーシャルをよく目にする。ぼくは、毎日のようにそのコマーシャルを何気なく目にしているし、他のコマーシャルと同じような意識で見ていた。ところがある日、一緒にテレビを見ていた母が、 
「この人たちが、福島の野菜を応援してくれていることは、本当にうれしいね、ありがたいね。」 
と言った。ぼくは、はじめはただ単に母はその芸能人が好きだからミーハーな気持ちでそう言ったというくらいにしか思っていなかった。だが、ニュースを見ていて、ふとその時の言葉は簡単な意味あいではないことに気付いた。
 震災から間もないころは、放射能の問題がクローズアップされ、福島県産の農作物に不安を感じていた。もちろん当時はニュースが新聞では大きくとりあげられていたし、家族の話題にのぼることも多かった。父と母は 
「やっぱり子供たちのためにも、県外産のものを買おう。」
などと言って、なるべくぼくたちには県外産の野菜を食べるように言う。そして必ず、 
「生産者の人には申し訳ないけれど・・・」 
と、つけ加えるのだった。当時はぼくも放射線の影響がこわかったということもあり、だまって父と母のいうことに従っていた。ぼくの家では祖父母たちが、小さな畑を耕している。家で食べる野菜は祖父母が作ってくれたものをおいしく食べていた。しかし、震災後、祖父母は一年間、畑を休んだ。祖父母は、作った野菜で生計を立てていたわけではなく、家族で食べる分を作る。いわば、家庭菜園のようなものだ。だから、一年間畑を耕さなくてもいつも通り生活することはできた。当時はまだ小学生だったということもあり、ぼくと姉は、父と母のいうとおりに、県外産の野菜を食べていたし、祖父母が畑を休んでも家族にとってはさほど支障を感じることはなかった。今考えると、これが福島の農家の人々にとってはとても大変なことだったのだと気付いた。放射線の不安は必ず検査をすることで払拭することができるし、時間はかかったがぼくたち、福島県民は少しずつ県内産の野菜を食べるようになった。祖父母も畑を再開しておいしい野菜を作っている。ところがそういう毎日を過ごしていたぼくは、まだまだ、放射線についての風評被害が根強くあるということを忘れていたのだ。ぼくは、母にもう一度あのコマーシャルを見た時に言った言葉の真意を聞いてみた。すると、母は 
「いやね、まだまだ福島の農家の人が作った野菜は、県外では誤解をうけているところもあるそうだよ。農家の仕事で生計を立てている人にとってはそういう風評って本当にやっかいで、生きるか死ぬかの問題なんだよ。放射能を心配するのは分かるけれど、難しいね。でも自分が農家だったら本当につらいよね。」 
と話し続け、 
「そんな状況であの芸能人グループが何かと福島を気にかけてくれたり、コマーシャルに出て福島の野菜を応援してくれたりすることがうれしいよね。福島県民としてうれしいよね。」 
と言った。「風評被害」という言葉すら、あまり聞かれなくなってきた今日、ぼくはすっかり忘れていたような気がする。ぼくたちはまだまだ風評被害という、目に見えないものにおびえているんだということを忘れてはいけない。なんとなく日常生活にまぎれて、風評被害があることを忘れてしまっていたが、母の言葉にははっとした。まだまだ福島が差別的に見られている場面があるということを母は忘れていないのだ。だからあのコマーシャルを見たときに、
「うれしいね。」 
という言葉が無意識に出てきたんだと思う。 
 今年もまた、田んぼの稲が元気に青々と育っている。テレビでは、またあのコマーシャルが「おいしいフクシマ」を応援してくれている。ぼくは今年もおいしく県内野菜を食べる。そうして、少しでも風評に負けず、がんばっている福島の農家を、ぼくは応援していきたい。
このページの情報に関するお問い合わせ先
大玉村TEL:0243-48-3131FAX:0243-48-3137